患者様に寄り添う施術、安全で安心な施術

私たち鍼灸師は、患者様が困っておられる症状を見極め、症状に合わせた治療をおこないます。東洋医学では、疾病の原因を外部の環境や身体の内部の要因、その他の要因の相互作用として捉えます。そして、症状は疾病の姿を表すサインとして捉え診断と治療に生かします。すなわち、症状があれば治療法が明らかとなる医療なのです。

しかし、だからといって西洋医学的診断や検査結果を必要としないということではありません。患者様に安心していただける安全な医療を提供するためには、患者様の状態を多面的に把握する必要があります。また、東洋医学は全体を見ますが、細胞組織レベルの現象を捉えるには不向きな医学です。西洋医学な診断は、私たちにとっても患者様にとっても大切な情報です。

特に、何か重篤な疾病が隠れていて、私たち鍼灸師には気づかない場合もあります。患者様の状態が、私たち鍼灸師の施術により治療効果が期待できる疾患か否かを見極めることは非常に重要なことです。私たちは、お医者様と連携し医療を実践していきたいと考えています。

私たちが使用する鍼は、大変細く、そして衛生的に管理されて製造された安全な鍼を使用しています。多くの鍼灸師が使用している鍼は、EOG(エチレンオキサイドガス)滅菌され個包装された単回使用鍼です。施術の直前に開封し、クリーンニードルテクニックと呼ばれる手技を用いて使用します。施術にあたっては患部の消毒を徹底しています。患者様が安心して受けていただけるよう、細心の注意を払って施術をおこなっています。

お灸そのものは植物(よもぎ)の葉から精製しております自然の成分でです。そして燃焼して使用しますので、お灸に使用する艾(モグサ)そのものに衛生上の問題はありません。施灸後の火傷部位が化膿する可能性は残念ながら否定できませんが、私たちは細心の注意を払い、化膿防止に努めています。また、必要以上の熱刺激を避け、患者様の状態に合わせた刺激量を調整しながら施術にあたっています。