医療の目的に洋の東西で違いはありません。アプローチが異なるだけだと私たちは考えています。それは「いのち」という山を西から登るか東から登るかのように、見えている世界や登り方は異なっていても、目指す頂は同じ。そして、その頂に立ったとき、そこには新しい医療の姿が広がっているのかも知れません。

わが国においても江戸時代中期までは東洋医学が医学の本道であり、多くの患者様の癒やしに貢献してきました。治療法として、鍼、灸、湯液(漢方薬)がおこなわれていました。鍼灸は、軽微な刺激を生体へ加えることにより、患者様自身の病気を治そうとする力(自然治癒力といいます)を高めることで病を治そうとする医療です。ある意味で自然な穏やかな治療法です。残念ながら現代の医薬のように劇的な効果は期待できないかも知れませんが、人々に支持されてきました。明治以降、わが国の医療が西洋医学へ移行して以来、民間療法的な位置づけとなってしまいましたが、今日でも多くの国民に愛される医療であると自負しています。

西洋医学は、江戸時代に蘭学のひとつとして長崎から次第に全国に広がっていきました。西洋の自然科学的手法で生体を観察・理解し、解剖を含むそれまでわが国ではおこなわれて来なかった方法も導入され発展し、江戸から明治へと進む時代の流れの中でわが国の医療の主流となってきました。西洋での自然科学的発見や発明も相まって飛躍的な発展を遂げ、現代にいたっています。その姿勢は生命現象の基礎として細胞レベル(今日では遺伝子を含む分子レベル)で生命現象を理解し、科学的手法で治療を組み立てていくものです。

私たち鍼灸師も、西洋医学的診断や生体の理解を踏まえつつ、東洋医学的手法で病にアプローチしています。西洋医学の成果を大切にしながら、東洋医学の専門家といしてその専門性や生かした診断と治療をおこなっています。

鍼灸院でも西洋医学的な、視診、聴診、問診、触診をおこないます。患者様から得られた医療情報を吟味し、ときに医療機関しながら、鍼灸で効果が期待できる病気であるか否かを判断します。そのうえで、東洋医学的な望診(視診に相当)、聞診(聴診に相当)、問診、切診(触診に相当)をおこない、患者様にあらわれた症状から原因(外因・内因・不内外因)と証(東洋医学の診断)を決め、それに基づき治療をおこないます。

鍼灸院へ訪れる際、お医者様の病状説明書や処方された医薬の情報をお持ちください。これらの情報をもとに患者様への安全な医療の提供に役立たせていただきます。