鍼灸施術でも医療保険が利用できます。

一定の要件を満たすことで、鍼灸による治療に公的医療保険制度を利用した療養費の支給を受けることができます。

 保険で鍼灸を受ける場合の要件

  • 医師による同意があること
  • 同一時期(期間)に、鍼灸治療を受けようとする疾患に対して、治療を受ける鍼灸院以外で保険診療を受けていないこと

この要件は、鍼灸施術が「医師による診療により効果が期待できない場合」の、代替医療に位置づけられているからです。ゆえに、診療所や病院で投薬や処置、リハビリテーション等を受けている場合は、医師による診療がおこなわれていることになり、2つ目の要件を満たすことができなくなります。

なお、医師の同意は、通常「同意書」の形で交付される書面をもってなされます。

現在、このページは更新作業中です。今しばらくお待ちください。