福井県鍼灸師会とは

 私たちは、一般には「鍼灸師(しんきゅうし)」と呼ばれていますが、身分法*では「はり師」「きゅう師」の二つに免許が別れています。
 私たちの先輩は、明治の頃から、按摩マッサージ師の人達と一緒に「同業組合」を作って活動されていましたが、はり・きゅう治療を主にする人達が増えてきたこともあって、県内の鍼・灸(しんきゅう)専業者の団体を作ろうという機運が高まり、昭和22年10月8日、福井県鍼灸師会がに設立されました。その後、昭和53年1月10日に社団法人の認可を受けて現在に至っています。また、本会は公益社団法人日本鍼灸師会の福井県組織となっています(日本鍼灸師会は昭和25年11月創立)。
 わずか40名足らずの小さな会ですが、今一つの業団である一般社団法人福井県鍼灸マッサージ師会と連携して、県民の保健・福祉の向上や自らの資質向上のための取組をおこなっています。

* あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律


主な事業

(1) はり・きゅう治療の普及啓蒙活動

鍼灸治療に関する正しい情報を県民のみなさんに提供し、安心してはり・きゅうの治療を受けていただけるようにするための活動を行います。
こうしたホームページ公開も、新たな試みとして重視し、今後とも内容の充実に努めます。

(2) 資質向上のための学術講習会の開催、青年部を中心にした月例研修会

鍼灸治療の臨床に関すること、医学全般にわたる知識の修得、安全・衛生面に関すること、医療・福祉全般の動向に関することなど、幅広く研修を行い、患者さんとの信頼関係を深め、安全でハイレベルの治療ができるよう、生涯教育に力を注いでいます。

(3) 保険取り扱い推進のための活動

福井県は先輩の方々の努力で、はり・きゅうの保険取り扱いでは全国の中でも先進県となっていますが、より一層みなさんが経済的な負担を心配せずに、必要に応じて、安心してはり・きゅうの治療を受けていただけるように、健康保険を使って鍼灸治療が受けられる対象疾患の拡大や、期間や回数などの制限緩和、手続きの簡略化などに中央の団体とともに取り組んでいます。

(4) 鍼供養祭の開催と安全な使用済み鍼の廃棄

最近は「使い捨て」の鍼が普及して、たくさんの鍼を廃棄しなくてはならなくなりました。
本会では、毎年11月の第三日曜日に、一年間の治療に使った鍼を持ち寄って、「鍼供養」を行うとともに、医療廃棄物として処理業者に依頼してまとめて廃棄するようにしています。

(5) 会員の権利擁護や青年鍼灸師の育成

患者さんの治療にあたっては、安全・衛生面で細心の注意を払っていますが、万一の不測の事態に備えて全ての会員に「鍼灸師賠償責任保険」への加入を呼びかけています。
また、青年部への助成を重視し、全国的にも注目に値する月例の研究会開催を側面から支援して、青年鍼灸師の育成に努めています。

(6) その他、県民の保健・福祉の向上や会員の社会的地位の向上に必要な事業

はり・きゅうの専門団体として、1997年1月の「ロシアタンカーによる重油流出事故」の際や、1999年の「ねんりんピック」、2001年からは福井マラソン、2004年のスポーツレクリエーション祭、2007年からは福井駅前マラソン(現在の恐竜王国さくらマラソン)等でで積極的に「スポーツ鍼灸セラピー」としてボランティア活動をおこなってきました。また、市町村の健康・福祉まつりなどや福祉施設へ出向いてのボランティア治療などに積極的に参加し、県民の皆さんの保健・福祉の向上に寄与しています。


Blank Image

ご意見・ご要望をお待ちしております

福井県鍼灸師会では、県民の皆様に愛され、支持される鍼灸医療を目指して取り組んでいます。本会へのご意見やご要望がありましたら、以下のリンクよりご投稿ください。
 

お問い合わせフォームへ